悪い食べ合わせ

合食禁とは、一緒に食べるときに食材の取り合わせが悪いものです。食合禁とも言われています。日本語では食べ合わせ、食合せと呼ばれることが多いです。

日本で伝えられている合食禁は、元は中国から伝えられたものです。本草学における薬物相互間作用の研究に加えて陰陽五行思想を食材にあてはめたものとされています。このため、科学的根拠の無いものもあるが、中には医学的に正しいとされるものも存在しています。では悪い食べ合わせは何ですか?

蟹と柿:本草綱目に記載された悪い食べ合わせです。みんなの知っているように、蟹は寒性ものです。体を冷やすとされています。柿の実は同じです。寒性の果物です。

卵と豆乳:タンパク質は胃腸に入って、胃プロテアーゼと膵臓の分泌したトリプシンに分解られ、アミノ酸に変わります。それから小腸に吸収られます。豆乳にはトリプシンの分泌を抑えるものが含まれています。タンパク質の消化と吸収に影響します。卵は粘液性蛋白を含んで、トリプシンと結びつけることができます。トリプシンの効果を弱めます。タンパク質の分解を阻害します。

天ぷらと氷水:水と油で消化に悪いです。実際、胃に負担がかかります。消化不良になりやすいです。

ナスの漬け物とそば:蟹と柿のように、ナスの漬け物とそばは寒性の食べ物です。体の熱を冷やしたり、胃を冷やしたりする作用があります。下痢になりやすいです。

お酒とからし:辛いものやお酒や血行を促します。血行が悪くなると、高血圧、糖尿病、高コレステロールなどの生活習慣病を引き起こす可能性が高いです。

にんじんと大根:にんじんと大根は体にいい野菜ですが、大根には、豊富なビタミンCが含まれて、人参に含まれるアスコルビナーゼには、ビタミンCを壊す作用があります。

オススメサイト情報

シアリスジェネリックは、現在発売されているed治療薬の中で最も優れているといわれる「シアリス」と同じ成分で作られているジェネリック薬(後発薬)です。
レビトラは食事の影響をあまり受けないのも特徴です。例えば、食事をした後や空腹時に服用すると効果が少ないなどはありません。自分の都合に合わせて服用する事が可能ですのでとっても便利です。レビトラ但し、あまりにも油っこい食事をした際には少々効果が薄れてしまう可能性も否めません。
女性用媚薬を服用した後、女性の性感帯に特殊な刺激を与えて、膣内に濡れさせて、痒くなって、男性のパートナーともっと激烈なセックスが享受できます。
そして早漏に悩む男性の多くは「挿入」さえしてしまえば女性は性的な満足感を得ることが出来ると誤解している節がありますが、実際はセックスの前に行う前戯が女性にとっては非常に重要なのです。
実際には勃起不全になることあるだ性交渉時の陰茎勃起は重要だが、陰茎が勃起できない、十分な時間に勃起が維持できず満足な性交渉が行えない状態をいう。